<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

感謝・・・

ルームメートのことは今度まとめて書こうと思ってるけど、ほんとにいいやつだ。

今日、1週間前に比べて僕の英語がすごくよくなったといわれた。彼と彼のガールフレンドのサラの反応を見て、いろいろ試させてもらってるからだと答えたら、どうもふたりとも海外で勉強したことがあるらしい。だから、言葉を習得しながら外国で暮らすことが、どれだけ大変かよく理解しているのだそうだ。。。。

ほんと、ありがたい
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-31 16:28 | 米国生活RPG

ピーター・ドラッカーの孫・・・

2週間ほど前に出た集まりに、なんとピーター・ドラッカーの孫がいたことがわかった。

本人じゃなくて、孫で驚くか?とか、またまた、有名人の家族だからってミーハーな・・・とか、そんなクールなことは言ってられないほど驚いた。だってピーター・ドラッカーだよ、巨人だよ。僕なんて、今回、ドラッカーの本、わざわざ買ってトランクの奥にしまって渡米してきてたくらいだし・・・

ドラッカーがなくなったときの彼のブログ

驚きました。
彼自身、今、非常に注目するべきベンチャーのCEOだ。
すごい
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-26 12:29 | 米国生活RPG

ここをキャンプ地とする! (アパートですが)

両親、友人、家族に心配かけぬように、新しい住処を写真つきで紹介します。

僕の部屋です。同じオフィスのAdminの方にもらったマットだけが家具。でも寝るなら、これにFutonで十分かなぁ。あとは、ここで仕事できるようにデスクと椅子か、カウチみたいな椅子だけほしいかな。一人には広い。寝袋などがあれば、日本から短期で同僚が来たら、泊めてあげられる。
a0012781_1044568.jpg

階段です。上って後ろが僕の部屋。前が、Room mateのJonathanの部屋です。
a0012781_105758.jpg

居間です。JonathanがTVとDVDとカウチを持っているので、ラッキーでした。後は、ソファや本棚だけど、まああわてずにガレージセールやムービングセールでできるだけただで手に入れます
a0012781_1052091.jpg

表のプールから、家を見たところ。Google様がこの辺一帯をWireless化してくれたら、まさしくこのプールサイドでも仕事し放題じゃないか。
a0012781_1053989.jpg


今回、家探しをなんとか成功させて、いくつかのことを思った。

ひとつは、やはりアメリカはコネ社会。コミュニティ社会が徹底してるなーということ。今回の家は、付近をいろいろまわった感覚としては、立地、広さ、静かさともに、家賃に比べるとずいぶんリーズナブルだ。この物件は、公式には入居者募集しておらず、room mateのJonathanが、前の住人のChirstopherの友達の友達というツテで見つけたとのこと。大家さんからすると、そのChrisが非常にいいやつだったので、ツテを信頼して貸し出した。僕とも顔を合わせて、「信用できそうか」を直々に検分して、OKだと言ってくれた(credit historyがない分は、会社からレターを出してもらった)。大家さんは、住人の素行が悪そうだと、credit historyだけでなく、その人の前の家の大家からのreffrenceをとるらしい。コミュニティの中の評判がものすごく重要なのだ。。恐ろしい

米国では、転職の際も、前の職場の上司や同僚によるrefferが非常に重要だし、あのGoogleも、採用の門戸は基本的にはコネしかない。もちろん、その後の選考は、10回以上の面接と、今ですらfounderの二人による吟味など、3ヶ月にも渡るきわめて厳しいものらしいけど。

プラス、ここまでの3週間弱の滞在で、5,6人の単身の日本人とあったが、みな一人暮らしか日本人同士でroom shareをしている。僕には、うちの社長を含め現地人とのroom shareを強く勧めてくれた先輩日本人がまずいて、右も左もわからない僕に的確な探し方のアドバイスをくれたり、影で下宿やroom shareの話がないか探してくれた。そういうコミュニティが支えてくれたからこういう行動に出られて、最小限の苦労で上に書いた大家さんとroom mateのコミュニティに飛び込めたわけだ。日本で、生まれつきのコミュニティに浸って生きてたらわからない、こういうものの大切さをひしひしと感じた今回の家探しだった

こういう肌感覚が得られて、少しはレベルが上がったかな、と思う
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-21 10:39 | 米国生活RPG

10km Google 本社まで

画像の手前側、EL Camino Realからスタート
右回りに、Rengstoff Avを進み、Google様の本社の前をとおり、Shorilineを戻ってくる。これで約10km

ちなみにアパートは、左上の方。高速道路のやや手前
Googleまで1kmぐらいかな

このコースはまあよくて、アパートに引っ越した後もつかえそうだが、やはりメインの車道ばかりを走ると信号が多くて止まることが多い。とくにEl Camino Rlは避けたいので、Googleをもっと北上する道を開拓してみようかな。
a0012781_3351065.jpg

[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-21 03:34 | 走る

3km Moutain ViewとLos Altosの境あたり

いつものホテルの裏の住宅街
小さな川があって、カモが泳いでた
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-20 02:18 | 走る

アパートとルームメートをてにいれた!

うれしいことに、ついにアパートとルームメートが決まった

掲示板をRSSでチェックして、毎日5通くらいメールを書いて、電話をしても、高圧的で早口なおばさんに、へこまされたりして・・・・はや5日

場所は、オフィスまで道一本。実は、一番最初に決めかけたアパートのすぐ近くで、非常に落ち着いたエリア。ルームメートは、日本の大学にも研究で来たことがあるという、スタンフォードの国際政治の研究員。現地の高学歴のプロフェッショナルと親密になりたかったので、希望通りで非常にラッキーだ。

やり手ババァ風の大家さんの貫禄もものすごくて、(すごくいい人なのだが)「家賃を滞納した瞬間、あんたたちkick outするわよ」「私は勉強はきらい、お金が好き」「一目見て、信用できるかわかるのよ。あんたたちは大丈夫ね」 と、ものすごいパワーだ。

彼(Jonathan)は、とてもナイスで、すごく仲良くなれそうだ。今は向かいの家に住んでいて、そこのルームメートが結婚するので今のアパートを借りるのだが、その現ルームメートのBenもすごくいいやつ、かつ知的な感じ。家の決まらないホテル暮らしは、けっこう堪えていたのだが。。。よかった

米国生活RPGも、これでやっと序章が終わった。
FF4でいうと、セシルとカインの最初のミッションが終わって、オープニングが流れたあたりか?細かくてもうしわけない。あ、FFといえば、同じオフィスに今は独立しているFF7を作った人がいる。今の彼は、日本でかつて「ブラックオニキス」を作った人のもとで働いているらしい。ランチにいくといろいろ面白い話が聞ける。
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-18 15:16 | 米国生活RPG

2km Moutain ViewとLos Altosの境あたり

久しぶり
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-18 03:06 | 走る

なりきってるね、ねずみ男

大泉洋のねずみ男写真が発表されてる
なりきってるなー

笑ったよ
映画自体は微妙だけど、洋ちんのねずみ男だけは見てみたい
a0012781_156230.jpg
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-14 15:06 | 徒然

なんだか、「表」のブログがすごいことに

http://kaeruouji.jugem.cc/

が、表のブログですが、なんだ?
一日に400HITくらいしている

Googleツアーがなんだかインパクトがあったみたいで、はてなのブックマークの上位のほうにあるのも理由みたい。たしかに、今までここまで、Googleの内部のことを生々しく書いたものってなかったかもしれない

こちらのブログは、おとなしく行きたいものだよ
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-14 11:15 | 技術

さばの塩焼き、デカッ。そして、うまい!

日本スーパーニジヤで、
 ・さばの塩焼き
 ・オカメ納豆
 ・ご飯
 ・キムチ
を買った。さばの塩焼きをごはんにのせて、ホテルの電子レンジであっためる。

a0012781_963173.jpg


さば、デカイ!!
千円札とくらべちゃったよ。このさばが二きれはいってて、3ドルくらいだったかな
アブラがのってて、おいしかった

この組み合わせで2食たべられました
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-14 09:09 | 米国生活RPG