カテゴリ:技術( 43 )

直接民主主義サイト 4km

さて、3日連続で書いてきたこのエントリー。
「直接民主主義」を実験してみるサイトについて、僕がまずは実現したいと思っている機能は次のものだ。

・審理中の法案・議案を登録し、メタデータによって分類・整理する
政府のサイトからの登録や最初の分類作業は、管理者が手動で行う。
これに、ユーザーコミュニティが、タグづけ、分類などを行う。RSS配信やメール配信も行い、更新情報などはできるだけリアルタイムにユーザーに通知される。

・法案・議案に対して、ユーザーコミュニティが解説を加える
ボランティアなユーザーコミュニティが、なるべくわかりやすく、その議案の内容・背景・問題点を解説する。読んだ人は、「よくわかった/わからない」「適切な解説だ/不適切だ」といった2,3つの軸でその解説を評価できる。評価は、解説者にたまっていく。また評価が高い解説、あるいは評価が高い人の解説を優先的に表示して、時間が無くても一番よい議論を見られるようにする。

・法案・議案に対して投票する
賛成・保留・反対 ができる。もちろん1議案につき、1ユーザーは一回のみ投票が可能だ。

とにかく議案ができる過程や議論はすべてすっとばして、それらを分類することと理解することだけに注力してみる。
サイト上で議論もほぼできないようにしたい。たとえば、解説のところも、投稿は1議案につき1人一回のみ。また「不適切」が適切を上回った解説は削除の可能性がある。とにかく、解説を読んで、法案・議案自体に投票することだけに注力できるような、そういうサイトが目的だからだ。

4km 大学通り
22km/80km あと8日
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-07-24 23:05 | 技術

なんだか、「表」のブログがすごいことに

http://kaeruouji.jugem.cc/

が、表のブログですが、なんだ?
一日に400HITくらいしている

Googleツアーがなんだかインパクトがあったみたいで、はてなのブックマークの上位のほうにあるのも理由みたい。たしかに、今までここまで、Googleの内部のことを生々しく書いたものってなかったかもしれない

こちらのブログは、おとなしく行きたいものだよ
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-14 11:15 | 技術

ageられ具合をリアルタイムで見る digg

digg というソーシャルブックマークサイト。diggする!ってようするに、age、投票。
面白いのは、spy って機能で、このdiggられ具合がリアルタイムでどんどん更新される。眺めてるだけで結構面白い。ただ・・・リアルタイムで見る必要があるほど緊迫感がないものを見てるのが玉にキズ

オンラインオークションの最後の攻防に、買いたいユーザーが抜きぬかれつ・・・というシチュエーションにどうだろうか、この動き

a0012781_1630405.jpg

[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-11 16:38 | 技術

UIがすごいなぁ・・・ Clipmark

ソーシャルブックマーキング/クリッピングの Clipmark です。

Ajaxをがんばって使って、クライアントアプリそのもののような動きになっている。僕個人的には、狭いなかにプレビューやら、メニューやらを押し込んだこのUI自体は好みではないが・・・・、すごいことはすごい

a0012781_15382188.jpg

[PR]
by kaeru.ouji | 2006-05-11 15:57 | 技術

ピタゴラ「神」装置の映像

http://video.google.com/videoplay?docid=6176491654107670145

NHKのピタゴラスイッチでやっている、「神」装置、ピタゴラスイッチの画像がまとめて見れる
ああ。。。。すばらしい
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-04-26 11:52 | 技術

インターネット全体をSNSに

http://gmpg.org/xfn/

XFN(Xhtml Friends Network)というものがある。
MixiやGreeのような固有のSNSを用いずに、個人のブログなどの一部に、標準仕様として取り決めたXHTMLを書き込み、互いに関係性を表現するもの

<a href="http://jane-blog.example.org/" rel="sweetheart date met">Jane</a>
<a href="http://dave-blog.example.org/" rel="friend met">Dave</a>
<a href="http://darryl-blog.example.org/" rel="friend met">Darryl</a>
<a href="http://www.metafilter.com/">MetaFilter</a>
<a href="http://james-blog.example.com/" rel="met">James Expert</a>

XFN生成ツールはこちら

標準的なXHTMLなので、上記の固有のサイトのようなものに縛られず、(普及することが条件だが)自分のブログなどに友達を書き込むだけで、全世界規模のソーシャルネットワークに参加できる。また、ロボットのようなものでネットワークを機械的にパースするのも簡単なので、友達同士、友達の友達などを判別することもできる

ただし、クローズなことによる安心感や、非匿名性や、公開制限、コミュニティによる多様な使いわけといった、SNSが広まったとされるいくつかの大きな特徴を実現することが困難なので、既存のSNSがそのままこれが取って代わる可能性はさすがに低いだろう。なにより、少しくらいツールが出たとしても、やはり敷居が高いので、何千万人という規模で普及するのはたぶんかなり難しい気がする

ただ、個々人が入力するちょっとしたデータをあつめると、全世界規模の壮大なネットワークになるということは、非常に「インターネット的」「2.0的」で、魅力的だ。ブログツールのほうで、「XFN PING」で関係性を送受信できたりするだけでずいぶん様子は変わってくるのではないだろうか

この仕様に基づいた記述のSNSや、ブログのテンプレート、検索はすでに出現しているようだ。入力ツールも当然ある。僕としては、すべてのXFNデータをクロールしてポータル的に個々人向けに一元化し、結局今のSNSのような見た目にしてくれるサイトがほしい。当然、そういうポータルは何種類かあってもいい。

また、友達、友達の友達くらいのブログのエントリーを抽出してRSSとしてまとめてくれるサービスなんかも面白い。それだと今の僕のテーマに非常に近いものがある
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-04-25 00:38 | 技術

サイトパルにしゃべらすなんてのは、どうだい?>>熊玉君

http://www.oddcast.com/sitepal/

面白いじゃないか。サイトパル。なんでもしゃべる、フラッシュベースのキャラクターが販売されているのだ。その場でカスタマイズして、入力したテキストをしゃべらすことができる。ポッドキャストなどをしゃべらすのも自由だし、ebayなどにおいて、宣伝させることもできる

これはgoodだ。普通のポッドキャストやWEBラジオに、しゃべるキャスターのような映像がつくだけで、非常に感じが出るものだ。いや、旧来の電波のラジオについても十分感じが出る

テキストベースだから、たとえば簡単に「人工無能」と組み合わせるだけで、楽しそうだし、いろんなキャラクターなどと結びつけても、かなり面白いことができるのではないだろうか。オンラインTRPGなんかもできるぞ

また、podcastを作ってる人なんぞには、いろいろ可能性が見えてよいのではないだろうか
僕個人は、とてもくだらないことに使いたい。広目天に田中真紀子の物まねさせたり、親鸞に、むかついたコンビニの客のことみたいなすごい下世話なことをしゃべらせたりするとか・・・
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-04-24 13:36 | 技術

ポータル2.0どうでしょう

http://www.netvibes.com/

UIにAJAXを使いまくった個人用ポータルサイトです。
メール購読、ニュースリーダー、RSSリーダーに加えて、Flickrやソーシャルブックマークサイトのウォッチが出来ます

トップページを開くと、各ウィンドウが遅れてロードされ、徐々にコンテンツが見えるようになる。編集やタブの追加、ウインドウの閉じる/開くなどはすべて、ページロードなしてアイテムごとに操作可能。よくこんなの作ったなー。。。と感心する

エンタープライズ製品でも必ず出てくるだろう、「2.0なポータルサイト」のエクスペリエンスはこんなものだ、と体感できる

ごちゃごちゃしてるように見えて、使い勝手は結構よい。WEBメールの設定が一発で行かなかったのと、個々の操作の動作が非常に遅いことさえなければ、日常的に使っていいかも

a0012781_1541959.jpg

[PR]
by kaeru.ouji | 2006-04-20 15:41 | 技術

正しいRSS ボタン

What are those Orange XML Buttons?

オレンジのRSSボタンをクリックすると、ブラウザでXMLが見えてしまうが、本来はRSSリーダーが立ち上がるはず。いわれてみれば、普通のアプリケーションのファイルはそうだ。
これには、RSSリーダー側がこのcontent-typeに対応する必要がある。単独のファイル形式が、数え切れない種類のアプリケーションで開ける、gifやjpegなどのイメージは、ブラウザから立ち上げて別アプリで開けるし、ブラウザで見てしまうこともある。
RSSもたとえば、Feedburnerを通した時のようにきれいに整形されていれば、ブラウザから見ても 別にそん色ない。両方あってよいと思う

RSSの提供側は、これに対応したリーダーを意識してあげるべきなんだな

USMは、RSSリーダー側でこれを行うためのプロトコル
USM is the protocol used to convert a click on an RSS file into a registration request with an RSS reader. The protocol is described here,


rel="self"
type="application/rss+xml"
title="The RSS Blog"
href="http://www.kbcafe.com/rss/rss.xml"
xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom" />
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-04-19 00:33 | 技術

日本のソフトウェア競争力

日本は製造業では世界ナンバーワンなのに、ソフトウェアでは競争力が全然ない、といわれて久しい。日本のIT業界はSIが90%で、優秀なエンジニアも、どこかの特定の企業の要件の元だけで働いていて、かつエンジニアからプロマネに転向させられている構造が大きいと思っていた

もうひとつ大きな理由がみつかった
「サラリーマン発明家による技術の囲い込み」だ

今、仕事で特許出願のための技術調査を弁理士事務所といろいろやっているのだが、あるわあるわ、面白そうな出願中の技術。「NTT系」の会社や大手メーカーが多い。

それらをちゃんとサービスにして世の中にベネフィットを与えるようなものとして公開すれば、そしてそれをユーザーからのフィードバックをうけてブラッシュアップしていけば、今、「web2.0」なんて騒がれている米国のいろんなサイトよりももっと面白いものがいくらでも作れるのに、

彼らは特許だけだして、おしまいなんだな

僕も、数年前は「NTT系」の会社の「R&D部門」ぽいところにいたからわかるのだが、彼らは会社の人事評価のために、特許を出すことがノルマなんだよね。だけど、特許を出したアイディアを、自分のコミットメントで世の中に出そうとはぜんぜん思ってない。サラリーマンだから、ほんとに出して終わり

彼らがサラリーマンとしてでなく、企業家精神をもった自立した技術者として立ち上がらないことが、「SI至上主義」に加えて日本のソフトウェアが世界で競争力を持たない、もうひとつの理由だと、強く感じた。たぶん、日本国内では、大学関係でも同じことが言えそうだ
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-03-08 22:33 | 技術