[実況]Welcome To U.S.

すごい雨の夜だけど、今、家の前がものすごく騒然としてる。

家の前に3台パトカーが止まってる。あ、4台だ。同居人のジョナが、「人生で初めてだよ」といいながら警察を呼んだのだ。

問題の車から、警察に連れ出された男は、まさにドラマみたいに雨の道路に取り押さえられて、それから後ろ手に手錠をかけられて、パトカーの中に連れ込まれた。今はまた、外に連れ出されて、路上で取り調べ?アルコールテストみたいのを受けている。

同居人は「明日のマウンテンビューニュースにはなるな」と言ってる。

おお、ずっとアルコールチェックをうけてたのだが、今度は手錠をかけらたままボンネットにのせられて、ボディチェックみたいのをうけてる。警察のひとりがスペイン語で、”More calm, less pain”とか言ってる。スペイン語訳は同居人による。

1時間くらい前、路上に止めてある僕の車の後ろで、赤いでかい車がクラクションを何度かならした。別に何の邪魔にもなってないじゃん?とちょっとおかしいな思いつつ、車を動かすために外に出た。運転席はメキシコ系のすごく若い男(今、14歳と本人が言ってた)で、なんだか目がちょっとイッてる感じで、「うわーあぶね」と思って、すぐに車を道路の反対側に動かした。

で、窓から見てたら、今度は隣の家の車の後ろにつけてクラクションを鳴らしている。となりの家からは誰もはでてこない・・・と思ったら、自分の車でその車を押し始めたのだ。バンってバンパーがぶつかって、キキキーってタイヤがこすれるすごい音がした。向かいの家のおじさんが飛んできて、「ファックなにやってんだ?」と、そのおかしい車にキックをかましたが、まああぶないと思ったのだろう、すぐに引っ込んだ。

で、10分のしないうちにパトカーがわらわらやってきたわけだ。

同居人と僕の部屋の窓から、ワインをのみながら警察が来てからの一部始終を見てた。同居人も、警察を呼ぶのは初めてだし、目の前で人が車からひきずりだされて、取り押さえられるのは初めてだということ。

今日は、日本から出張で5日ほどここに滞在していた友人が夜10時ごろからうちに遊びにきていた。彼は帰り際、「ほんとに静かで、きれいでいい住宅街ですねー」と言っていたのだが、その1時間後。まさに彼が立っていたところが何台ものパトカーに囲まれてるなんて、、、驚くだろうな。僕も驚きました。
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-12-10 19:04 | 米国生活RPG


<< 戻ってきた 3km 多摩湖往復 17km >>