たまには仕事の話を 3km

アメリカに来て何をしてるかということをたまには書こうかと思い、どれくらいの事をここに書けるかと思ったけど・・・・

やっぱり、たいしたことは書けんなぁ・・・
しかし、僕本人にだけ焦点をしぼったら書けるし、このブログらしいかなと思い、そういう書き方をしてみる。着想(啓示?)自体は確かちょうど1年前。そのころロックインされていたマンモスプロジェクトの最中の、あるながーい待ち時間に閃いた。

で、11月にとった遅い夏休みの1週間で、最初のプログラミングをして、社内の周りの人に見せ使ってもらい始める。年内はまだまだ忙しかったので、正月休みに次の大きな進捗をさせ、年が明けてからも夜は毎日家でプログラミングして、で、2月にうちの社長に見せた。そしたら、本当にその瞬間に、「これ、アメリカでやろう」と決まり、その日から100%昼間の仕事も、これになり、そして今に至るわけだ。新しいものでありながら、会社のコンセプトと地続きだからスムーズだったのだ。日本で特許をふたつも出願(まだ出願だけだけど)できたし。

5月にこっちに一人できてから、日本人にはほとんど見せてないけど、イベントなどで話した多くのシリコンバレーのアメリカ人も面白い、と興味を持ってくれ、さらにその中のほんの一部の人だが、うれしいほどの情熱をもっていっしょに仕事をしてくれている。ここにはどこだか載せられないが、まさに今日昨日のブログで、ちょうど僕らのやってることに対して、「こんなものがほしい」と言い始めてくれているのもみつけた。

そろそろ米国でクローズ公開を始める。ビジネスにできるかどうかはまだまだだけど、とにかく、ゼロから自分で考え、作り上げてきたものをアメリカで人に公開するときが近いのだ。まだ何も成し遂げていないけど、何か大きな動きが僕の周りで起こっており、どんどん話がすすんでいっていることは確かなのだ。

こないだ帰国したときに久々に会った彼も、新しいプランで動き始めたみたいだ。お互い自分の仕事をがんばりましょう!(彼が話してくれた、いろんな計画はどれもすごかった)
http://jumpeiblog.air-nifty.com/atama/

97/100 km
[PR]
by kaeru.ouji | 2006-09-06 12:32 | 米国生活RPG


<< 子供アメフト 6.5km 今月は100km >>