茶道と丹田

最近ふと、「丹田」の位置に重心があるのを実感として感じた。へその下の空間に、ずーんと存在感のある重い塊みたいな感じだ。

それを、座る時や、点前の時、声を出すときに意識するようにしたら、先生に「腹が据わってきた」といわれた。そんなに違うのだろうか。違うらしい。何にしても進歩したようだ
[PR]
by kaeru.ouji | 2004-04-18 15:26 | お茶


<< ニュースと日常。虚像と実像 和巾点 >>